2019年12月12日

きりしまのタネヤ通信101号

足かけ10年?
スタイルをいろいろ変更しながら100号を超えての101号です。
今回は電気柵の基本の基の解説です。
対象の動物によって工夫が必要になりますが、まずは電気柵の仕組みをよく理解してからです。



タネヤ通信101号.jpg

posted by きりしまのタネヤ at 19:35| 鹿児島 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: