2017年12月27日

KT−ドロマイト

ドロマイトとは
 5,000万年以上前白亜紀(恐竜時代)にサンゴ等生物が海底堆積(化石)して、石灰岩になった後にカルシウムの一部が海水中のマグネシウムに置き換わって生成された生物由来の鉱物です。

大東島は島全体がドロマイトで形成された地球上で唯一の島です。
不純物がきわめて少なく、人間の栄養補助食品としても認められている鉱物で、カルシウムとマグネシウムの割合が2〜3:1の理想的な配合で含まれているのが特徴です。

人だけでなく、植物もカルシウムとマグネシウムは重要なミネラルです。

ドロマイトは成長促進を促すだけではなく、殺菌作用も確認されており、土壌改良剤としても活用されています。

北大東島のドロマイトは人間と植物にとって活用できる鉱物として注目されています。
posted by きりしまのタネヤ at 19:10| 鹿児島 ☀| Comment(0) | 月桃 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: