2017年06月26日

旧暦での栽培管理の勧め

今月は旧暦では閏月があり、24日が閏5月1日(朔)でした。
そこで、農事暦に記してある通り、「月桃の力」を散布しました。
回りくどい説明になりましたが、先週、当日突然メーカーがこられました。
このメーカーは、特殊な肥料の製造メーカーであり、生産法人でもあり、土壌分析部門もあり、分析対象の土壌を送れば土壌の物理性と化学性を分析して作物に合った肥料の量まで提案してくれるそうです。一般には、分析どまりなので、分析結果から施肥量まで導き出してくれることは、農家の立場からは大変助かります。

そして、生産法人では、旧暦で栽培管理をしているとのこと。これを聞いて話が盛り上がり、自分の目指す旧暦で栽培管理をすることは実践者が意外と多いことに驚きました。

「月桃の力」を取り入れることで旧暦で作物を作ることがより容易になると考えました。
年がらかもしれませんが、ゲットの力を散布しだしてから虫が少ないようですし、昨年よりも順調に生育しているように思います。
平成29年閏5月農事暦.jpg

農事暦閏5月は、下記のアドレスからPDFファイルでダウンロードできます。
posted by きりしまのタネヤ at 19:12| 鹿児島 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月20日

月桃の力

3月から北大東島産の「月桃の力」を様々な作物で使用してもらってます。
もちろん自分でも使用して効果の確認をしています。
「月桃の力」は活力剤ですが、忌避効果があります。
効果のないのは3種類、アブラムシ、蜂類、ハエ類です。
あとは、忌避効果があるそうで自分で確認したのはナスのハダニです。昨年大鉢に植えたナスは、農薬の予防をしなかったせいで芯の部分に薄く蜘蛛の巣城になりハダニの住みかになりましたが、現在のところまだハダニの発生はありません。約2週間おきに2000倍希釈液を散布しています。

月桃の力1ℓ.jpg
posted by きりしまのタネヤ at 14:13| 鹿児島 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 月桃 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。